コーチングへの質問に答える

  • HOME »
  • コーチングへの質問に答える
前職の先輩から、メールをいただきました。
この方は、永くコピーライターとして博報堂で活躍、定年退職を数年前にされている方です。
私のコーチングの仕事に関心を持ってくださって、いろいろ質問のメールでした。お返事にお答えしたことをここにご紹介します。

 

早速に「コーチング」解説、ありがとうございました。
そうか・・・、コーチとは「寄り添い人」なんですね! 
盲人ランナーに伴走する人を連想しまし・・・、不適切ですか?

 

コーチングの関係を、盲人ランナーと伴走者にたとえるのは適切ではありません。
コーチとクライアントとの関係はイーブン、対等です。病人や障害がある人を看護、介護することは違いますので、先輩のおっしゃる「寄り添い人」と言う表現は、一面を捉えていますが、保護者ではないのです。あくまでクライアントは、とくに精神・心の面では、ひとり立ちしていなくては、コーチングは始められません。
コーチとクライアントは、先生と生徒、上司と部下など、上下の関係ではなく、横の関係ですので、クライアントを案内して導くということではありません。
目的(行先)について選択肢を示すことは可能ですが、行先をコーチが決めることはありません。
仮に、ランナーに伴走しているとしても、あくまでサイドからで、ランナーの前に出て、指し示すことはありません。

 

しかし・・・しつこくて済みませんが「コーチング」は、ビジネス・職業になるのですか? それとも、民生委員、ボランティアなのですか?
これが今一、分からないのです!

 

コーチングは、いまプロのコーチがドンドン誕生している事実からはビジネスとして新しい職業になってきているとは言えましょう。
日本で、資格(民間機関で、国家資格ではありません)を得ているコーチは1000人は越えているはずです。 もちろん、全員がプロとなっているのではなく、コーチングスキルをもちいて、企業や組織で業務に就いたり、セールスに応用したり日常生活でもコーチング的会話が役だつ場面はいくらでもあるはずです。
ただ、コーチングの会話は、極めて意思的で、非日常の会話です。 “さあ、コーチングをしましょう。” “では、お願いします。”という断りがあっての会話です。 いつの間にかコーチングするという、催眠術的仕掛けではありません。

 

「ビジネス・職業」になるとしたら、どんなところが得意先になるのですか?
「民生委員、ボランティア」としたら、どんな活躍の場があるのですか?

 

アメリカでは会社経営者や、政治家にはコーチがついているケースが大変多いようです。ゼネラルエレクトリック社の元CEOのジャック・ウエルチ氏に27才の女性コーチが居たという話はコーチングが注目された初期のかなり有名なエピソードです。その後、日産のカルロス・ゴーン社長が、日産再生の答えは、日産の中にすでにある、競合他社の中ではないといい、日産の管理職に必須のスキルとして研修にコーチングを導入、日本ではコーチングの草分けの企業であったのです。
日本でも、コーチをつけはじめている経営者は増加しています。 コーチがついているという経営者は、会社がうまくいっています。 そして、コーチがいるということがステイタスにもなってきているのです。
企業のトップが自らコーチについているとしたら、その下の管理職の研修の効果成果はやはり格段に上がるでしょうから。 ただ守秘義務がありますから、コーチの側から、だれそれをコーチしていると表明することは絶対ありません。 了解があればもちろんいいのですが‥。
1週間30分の電話によるコーチングセッションで、費用は月額3万円から5万円が相場です。 月に30万円振り込んでくれるクライアントを持っているという先達コーチもいます。 僕も早くあやかりたいものです!
民生委員や老人介護の方が、コーチングのスキルをもちいて業務すれば、その効果はたいへんにあるとはいえます。 病院の看護師、学校の先生、人に接する仕事では、コーチングの考え方、スキルはきっと役に立ちまさす。
そして、どんな仕事であれ、人間関係の改善がされることは間違いがありませんから。職場では、リーダーシップの育成に、一番むいているといえます。 人事の研修では外部インストラクターとして、コーチが、研修講座や講演することが多くなっています。

 

コーチングは「ひたすら相手の話を聞くことが命」とありましたが、これから思うことは、「コーチ自身の人間修業でもある」ですね!
そう思った理由・・・昔「自分は良く人の話を聞いている風だが、まったく聞いていませんね」そう看破されたことがある・・・広告マンという習性でしょうか

 

お言葉ですが、“広告マンという習性”と言う言い方は修正!の必要がありそうですね。 コーチは、職業としてではなく、「まず存在としてのコーチ」であるとは、言えるでしょう。 ですからコーチは厳しい自律性と道徳性、自己認識を絶えず促がされる、難しい職業ではと最近思っています。
つまり、クライアントにとっての、一番身近な「モデル」としてコーチは捉えられる可能性が高い、かもしれないからです。
これまでコーチ仲間として知り合った先達、同輩、後輩の方々は、少なくとも僕の目には「コーチに悪人なし」とは断言できそうです。 完璧な人かどうか、それは、たぶんありえないでしょう。

 

今一つ、コーチが向き合う人を「クライアント」と言うらしいですが  広告業界出身は、相談者ではなく、「得意先」と自動的に思ってしまう  この辺も、私の理解しにくい原因かと思いました

 

クライアントといったり、プレイヤーといったり、コーチーともいいます。 「主役」と言うコーチもいます。 いずれも、会話で話をする側、お客の方を指します。
クライアントと言ういいかたは、あまりイメージが掴みやすいとはいえませんね。 しかし、主役もなかなか‥。 人の話を聴く風だが、ですが、「ふり」をしている、とは、昔、小川ショーを永く務めた、フジの小川宏アナウンサーが、「自分はインタビューを何百何千もしたが、話を聴くふりをしていたのだ。いつも時間を気にしたり、質問を考えたり、締めに向けてエンディングになんと言おうかなどと思っていて、決してゲストの話を聞いていたのではなかった。」と告白していました。
コピーライターの取材姿勢もややにていて、自分の文脈、筋書きで人の話を聞くということだったと先輩はいいたいのでしょうか。
“もって他山の石”、「傾聴」一つとっても、レベル1からレベル3まで、という捉え方もあって、ホントのところ、並ではないのです。 お金頂く以上は‥

 

フツー人の「コーチ感」が貴兄のお役に立てばと思い・・・ご無礼!

 

イエイエ、あらためて、原点に返って、コーチ像を確認できました。 追伸 あらためて、“「ひとの話を聴く」コーチ”を仕事にするようになって、さらにその難しさは増すばかりです。
草分けコーチの、野津浩嗣ICF国際コーチ連盟マスターコーチも「コーチ道、入り口あって出口なし」と、研修時に私に漏らしていました。 全く同感なのです。 今日は、これを書いて私も「振り返り」になりました。 ありがとうございました。 また、お便り下さいね。 では。

コーチング、ファシリテーション、
アナウンサー講座開催中!
お問い合わせ、ご相談はお気軽にどうぞ!

メールでお問い合わせはこちら
  • お問い合わせ
  • facebook
  • twitter
Copyright © 株式会社鮫島宗哉事務所 All Rights Reserved.