コーチング考

  • HOME »
  • コーチング考
コーチング考

鮫島 宗哉 / 日本コーチ協会福岡支部 5,6,7 期支部長 

「コーチング」に興味を持っている方、知っている方、勉強している方、そして「コーチ」の方、それぞれの「コーチング論」があると思う。 “私のコーチング”について、話をさせていただきたい。
 
コーチングとは

「目標を達成したいとき、サポートしてくれるシステム。教えるのではなく、 「気付き」を与え、学ぶことをサポートする、会話によるコミュニケーションのこと」。狭義で言えばこうなる。
大きく捉えると、コーチングは、会話を通じて、その人の“価値観”や“人生観”を大切にしながら、その人が自分らしく生きるための「助っ人的対話型コミュニケーション」である。

 

コーチとは

その相手をするのが「コーチ」である。その時、話し手(相談者)は「クライアント」という立場になる。
コーチは、ただひたすら、クライアントの話を聞き、質問し、承認し、元気づけ、提案やリクエストをする「最良のサポーター=応援団長」という役割に徹する。
クライアントとコーチの関係は同等、イーブンな関係である。教える関係の先生と生徒とか、指示命令による上司と部下のような関係ではない。

 

コーチングの特長

『コンサルティング』は、専門的知識などをベースに解決策を提示する。

『ティーチング』は、教科書やマニュアルにそって、基本的な知識や技術を迅速に無駄なく教え、身につけることを促す。先生ひとりから生徒多数へという形が多い。

『カウンセリング』は、1対1の形で、コーチングに近い。双方とも、問題解決への支援がテーマの会話だ。
強いて違いを述べると、コーチングは「行動」に、カウンセリングは、 「感情」に焦点を当てる。過去の不安な状態を整理し、トラウマや心配事を除き、今の気持ちに安心や安堵を与えるのがカウンセリング。これに対し、コーチングは未来志向。

『コーチング』は、これからどう考え、どう行動するか、について質問を投げかけ、気付きやアイディアを引き出し、その過程で修正されていく考えを見守り、認め、気持ちを共有し、行動へ向けてアシストする。
「問題解決」への双方向の対話であり、個別対応であることはカウンセリングと変わらない。気持を整え癒すカウンセリングに比し、クライアントは行動イメージを得て、やる気と元気を見出す。
「コーチ」という言葉の語源は、昔イギリスで「馬車」のことを指した。 「コーチング」と言うと、その人を、そのひとの希望する目的地へ連れて行くという意味として理解される。

 

コーチング3大スキル

それは、運命的なコーチングと私の出会いだった。 「私の仕事は、人の話を聞くことです、コーチといいます。 」という女性が、早期退職制度で会社を辞めたばかりの私が開設したブログへ書き込みをしてこられた。 2003年5月、会社を早期退職して、3ヶ月目のときだ。
フリーアナウンサーとして、活動を再開しようとしていた私には、「聞くこと」はインタビューの一環としても大事なコミュニケーションスキルだと思っていたので、その「コーチ」と名乗る女性とメールを交わし、もっと詳しく説明を受けた。そして一ヶ月後には、私自身がプロコーチの養成講座を申し込み受講していたのだ。
そこで学んだコーチングは、人間関係におけるコミュニケーション技法を理論的に、体系的に、そして何よりも、実践的スキルとして有効であることを平易に説明していた。
その女性コーチが「人はみんな自分の中に答えを持っている、それを引き出すのがコーチング」と唱えた意味合いも、深く胸に収まった。“人の思いを引き出す”というプロセスにおいて、聞くこと(傾聴) 、質問すること、承認することの3つが重要な基本スキルに挙げられることがよく理解できたのだ。
プロのコーチは、この3大スキルをベースに、専門家として100以上あるといわれるコーチング・スキルを駆使し、クライアントの目標や希望をより確実に、より早く実現、達成するようにサポートする事でその機能を果たす。

< 傾聴 >

人は、誰もが本当は自分の話を聞いてもらいたい。コーチはあなたの話を一切否定せず100%味方で受け止めて聞く。 「ウンウンそれで?」と、真剣に、あるいは笑顔で応じる。こう受けて止めてもらうと、クライアントは、安心して話をすることができる。会話の中で、知らず知らず自分の話すこと、自分が思っていたこと、考えていることを、自ら確認し、まとめ上げ、そして、答えを見つけていくことができてしまう。 このとき、「傾聴 (アクティブリスニング) 」という聞き手の行為がクライアントを促し引き出し、自らの姿勢を積極的にしていく。

< 質問 >

質問とは、普通相手からの情報収集に効果的だ。5W1Hの質問で、おおかたの出来事は概要が説明できる。ところで、コーチングの質問はそこにとどまらず、未来を想像させ、潜在的な思いを引っ張り出す。
「それが手に入ったら、何が起こるのですか?」
「それを手に入れることは、あなたにとってどんな意味がありますか?」
「それを手に入れることで、あなたにどんな良いことがありますか?」
さらにコーチの思いがけない質問は効果的である。
こんな質問をしたことがある。 「もし、坂本龍馬が隣にいたら、どんなアドバイスをくれるでしょうか?」
クライアントは「ウーン」と唸りながらも答えたいと思う。
さらに、 「他にはありませんか?」と言われると、 「あっ、これもある、あれもある。」と埋もれていたアイディアが湧き出てくるのだ。

< 承認 >

そもそも、どんな人も自分のことが一番大事なのだ。その割に、自分自身を大切にしていない。そして他人の欠点探しが上手であるのと同様、自分の事についてもコンプレックスを持ち、悔やみ、自分の良いところや強みを正面からは考えてみることなどない。
「私ってダメなんです。」という自己否定型の人たちの何と多いことか!
コーチは、クライアントに、まず自分の「強み探し」を促す。
それが、コーチングの承認のスタートである。
コーチは常に、クライアントを見守り、良いときも悪い時もそのプロセスにおいて、クライントの努力に対して承認の言葉をかける。これによって、クライアントは自分の中に、湧き上がるパワーを実感する。
人は、他人に自分の存在を見てもらいたい、判っていて欲しいという願望が、意外に強い。それを認めてくれる人を受け止め、安心し、元気を得て、やる気を生み出せる。それが言葉だけで可能なのだ。

 

オートクライン

聞いてくれる人がいて、話をしだすと、人は自分の言葉、自分の声を聞いているうち、どんどんたくさんの「気付き」がおこる。これを「オートクライン」と言う。
コーチが、クライアントから「気付き」を引き出す会話、これこそ、クライアントが得られる、コーチングの最大の効果だ。
コーチングの「答えはあなた自身の中にある」とは、まさにこのオートクラインの技なのだ。

 

コーチングの目標設定

ところで、コーチングが最も機能する目標やテーマは、“重要だが緊急ではない事柄”の中にある。
人生で、重要だが急がないいろいろなことをひとつひとつ実現して行くことができたら、どんなに素晴らしいだろう。人が、いつかそのうちにやろうと思っている「やりたいこと」こそ、コーチングにふさわしいテーマである。そんなテーマをひとつひとつ完了させていけば、人生が充実することは間違いない。日常生活にもっとワクワク感が持てるようになる。

こんな言い方もある。 「有能な消防士は消火活動をしたことがない!」
これは逆説である。普段から、彼は“重要だが緊急ではない、火事を起こさないための予防の業務”をこなしているというのだ。コーチングはこれに似ている。
ところでしかし、全く似ていない点がひとつあることもある。コーチングは緊急時には、対応できないということ。 火事が起きた緊急時、けが人や病人が運ばれて来た際に、 「君はどうしたいの?」などと悠長な質問は無しだろう。
それともうひとつ、精神的な病気や疾患を抱える人に対しては、コーチングは用いられない。
医療行為は、医師の領域だからだ。それゆえ、プロのコーチは自分の人的ネットワークに精神科の医師を持っていることが理想である。

 

コーチングのパターン

コーチングの実際はどうおこなわれるのだろうか?代表的なパターンについて紹介しよう。
「パーソナルコーチング」といわれるコーチングの会話は、コーチとクライアントの1対1の個別対応として最もポピュラーで、その効果を容易に実感できる形式で、それは多くは電話で行われる。
週1回、30分から60分程度を原則に、クライアントからコーチに電話をかけ、定期的な会話の時間をもつのだ。コーチングの時間を定期的に自分の生活に持つことで、クライアントは、自分の中に気付きが生まれ、行動イメージが得られ、やる気や自信が生まれ、実行に移していく。それは、自分の心を、言葉にして話すということから生まれた、彼自身の本来のものが引き出されることだ。
「楽しくなけりゃ、コーチングじゃない。」 と言い切るコーチもいる。こうしてコーチングを進めていくうち、なりたい自分にどんどん変わっていく。私自身、クライアントとしての経験から言えることなのだが、これは結構、新鮮な驚きである。だから、私は、誰にでも、「一度コーチとの会話を経験してごらんよ。」と言っている。

 

コーチとしての資質と成長

コーチングと出会い、先達のプロのコーチの方々や一緒に勉強を始めた仲間を見ていて感じることは、みんな「自分らしく」を身に付けて生きている、ということ。自分で生き方(行き方)を決めている。だから凛として迷いが少なそうだ。コーチングのスキルを自分自身に応用し、自分の強みを把握し、対処法や生かし方を学び知っているからだ。
しかしながら、彼らは、最初からコーチとしての才能を持ち、資質が優れているわけではない。コ-チとして活動し、成功モデルとして存在する人たちは、 「コーチ」という仕事を選び活動していくうちに、まず何よりも、自分自身の自己認識ができるように鍛えられてきたのだ。
自分がわかってくると、周りを見渡しながら自分を振り返ることが習慣になる。その時、自分には職場や家庭などで、自分を理解し応援してくれる人々がたくさんいることに気付き感謝できる。 自分に少し、自信が持て、生活意識が向上すると、「感謝」の念が自然に生じる。

 

究極の質問=コーチングの最終目的

自分へのプリミティブな、しかし、なかなかされることの無い質問。
「あなたの人生の目的は何ですか?」
「えーっ?」と引かないでほしい。
実は、誰でも一度はそんな質問(課題)に真剣に答えてみたい(考えてみたい)と思っている。
その答を模索するプロセスは、なかなか楽ではない。意外に苦しい。しかし、同じくらい面白い。時間をかけるほど良い。 こういう問いに、是非一度は答えようと試みてほしいと思う。そうするといつのまにか考えようとする自分になる。

 

コーチングの構造

コーチは、最初に、クライアントの会話のやり取りで、クライアントの目標を明確にする。
最初から、目標を持っているクライアントもいるが、これからその目標を探したいという期待からコーチングがスタートすることもある。
その場合は、コーチは、クライアントの現状を、根気よく傾聴し、彼自身の持つリソース(経験や特技、その人だけの資源)から、彼の彼らしい部分を探す旅に出る。そうやって現状を認識し、さらに過去の成功経験を彼の心に蘇らせる。そして、目標と現実とのギャップを課題として箇条書きにしていく。
例えてみると、船が自分の位置を地図の中に確認し、行き先を定めて航海へ乗り出そうとすることに似ている。そして、その航海は、理想と現実のギャップを埋めるために、どうしたらよいかという問いに対して答えていくことなのだ。航路はいくつも示される。
その中から、どれを選択するか、優先順位をつけ選択する。これはまさに、彼自身の人生での価値観を見出すことでもある。
優先された課題への最初の行動を、たとえそれが蟻の一歩であっても、実行していくのだ。
何をいつまでにどのようにやるのか、達成へ向けての計画をスケジュール表にして徹底的に具体化する。
コーチは、それを一緒に作る手助けをする。クライアントは、コーチの応援を背に、常にその眼差しを感じることで、モチベーションを下げることがない。コーチは、クライアントの最強の応援団長だ。コーチとの約束という縛りも受けて、行動への意思と実行をさらに確実なものに出来る。
それから断っておく必要があるが、この一連の内容とプロセスは、 “守秘義務”を伴って、コーチが無断で口外することは決して許されない。

 

信頼関係=ラポールの重要性

このプロセスは、前提としての信頼関係(ラポール)が絶対条件だ。その後に続く、傾聴、質問、そして答えることをベースに、承認(アクノレッジメント)、ビジュアライズ、フィードバック、提案、要望、コミットメント、メタコミュニケーションなどなどのスキルを用いて、コーチはコーチングの会話を進めていく。

 

コーチングの戦略

コーチは、クラインアントの課題やテーマを受け止めて、クライアントをよく観察し、その問題点の解決イメージを思い浮かべる。解決や実行への最短の筋道をスタートの前にいくつか想定してみる。3つ以上の方策を「戦略」として立ててみる。クライアントの日常生活のバランスを観察し、不足を補うのか、強みをもっと充実させるのか、タイムマネジメントの再考を促すとか、あるいは健康管理かもしれない、などと、複数の戦略を準備する。いくつかの道筋を考慮して初めて、効果的なコーチングが可能なのだ。コーチングに戦略があるかどうかが、そのコーチの手腕であり力量でもある。

 

仮のゴール、真のゴール

ところで、 「ゴール」として出てきた最初の課題の背後に、別の隠れた意味があることが往々にしてある。たとえば、クライアント自身が自分では気付いていない別の「ゴール」が見出せることがある。これを「仮のゴール」「真のゴール」などという。
始めは“ダイエット”というテーマが、実は彼女に好かれたいという「真のゴール」のための達成目標だったりすることはよくあることだ。

 

良いコーチ

優れたコーチは、スキル(技術)をもっているだけではなく、言葉と行動が一致している。彼らは、 「ラポール」という信頼関係を築くことを最重要と思っている。人と人の関係は、安心と信頼に基づいた、あるがままの自分を表現し、 受け入れることが出来るラポールが前提にあることを知っている。 そして良いコーチは、クライアントと共に成長する。クライアントもそんなコーチとの関わりの中で自分を大事にするようになる。それは、クライアントが人生をもっと自分自身のものに引き寄せていくプロセスなのだ。

「この世の中、夢や目標なんて持ったら、かえって苦しい。」と言う人がいたら、「では、テーマ探しから始めましょう。好きなこと、得意なことは何ですか?」と「コーチング」をスタートさせることもできる。

 

最後に

実は、コーチングの示す「スキル」は、われわれの日々のコミュニケーションの中で、無意識に出来ていることも多い。それでも、コーチングを学ぶ「意味」を見出すとすればそれは、そのスキルを、肝心なときに思い出し使うことが出来る知恵にする、ということだろう。

コーチングの考え方と具体的スキルとしての手法は、私自身の後半の人生に大きな価値を与えてくれた。それは自分自身についての日々の発見であるとともに、他者との係わり合い方についても新しい気付きをもたらした。それを仕事にしてコーチであり続けることは、 「あり方としてのコーチ」を問われることである。
それは大変幸せなことであるとともに大きな責任があることも感じている。
コーチングは、その人に気付きを生むプロセスだといえる。
「知らない」から「知っている」への学びは沢山の気付きを得るだろう。さらに「知っている」を「している」という実践、実行への道筋は、日々の行動への決意を引き出す。さらに「している」を「しつづけている」にするには決意の裏づけの価値観が重要になる。さらにそれを「習慣」として定着できたとき人は「新しい人生」を歩みだしたといえるのだろう。それが組織の場合に「習慣」は「企業風土」を作っていくことが可能なのだ。
コミュニケーションスキルの上達は、練習することから始まる。まさに、「知っている」を「している」という一歩からがスタートだ。
自分の人生は、自分の納得いく生き方で送りたい。仕向けられる、させられる、のではなく、「私がする!」のだ。それは同時に、「○○しなければばならない。」、「●●すべきだ。」から脱却する思考、行動の促しであるのだ。 そんな「人生のビジョン」を見出すことと、それへ向かって行動への道筋を示し、発見させてくれるコミュニケーションがコーチングだ。

(2013年夏改訂)

コーチング、ファシリテーション、
アナウンサー講座開催中!
お問い合わせ、ご相談はお気軽にどうぞ!

メールでお問い合わせはこちら
  • お問い合わせ
  • facebook
  • twitter
Copyright © 株式会社鮫島宗哉事務所 All Rights Reserved.